【フリーランス】お金の話。

FX 長期運用 LIFE 株式投資 資産形成と運用

フリーランスには、サラリーマンなら得られるヘルプがありません。たとえば、退職金とか、持株会(←これがメリットかどうかは知りません笑、私は結果的によかったけど)とか、財形貯蓄とか、福利厚生とか?自分の資産は自分でつくって守る必要があります。終身雇用とか、失業保険とか、無縁です。

あとはこのジャンルでいうとふるさと納税もあります。これについても後々ふれなければ。私は最初フリーランスでもやって意味あるのかな?とかぼんやりとよく分からないままでしたが、結果、やらないといかんやつでした。

結論からいうと、楽天証券を開設してNISA、IDECO、長期FX(デイトレのような忙しない短期のものではなくずっと寝かせておくやつです)、投資信託などを行って、積極的に運用をしていったらいかがでしょうか。(上記、私はすべてやっています)

私はそこまでこの分野に力を入れて勉強しているわけではないので、詳細を語っていく気はありません。が、フリーランスとして生きるのであれば、この視点での自己管理を無視できないようです。これについてわざわざ私が語る必要もないかもしれませんが、翻訳者同士でこういうことを語るチャンスはあまりないので、書き留めておきたいです。

楽天証券の口座を開設する

無料ですぐに開設しましょう。こちらからです。少し前までは、問い合わせが殺到していて対応が遅れていることがあったみたいですが、今はどうなっているでしょうか。。

投資信託を積み立てで購入する

私がお世話になっているのは、こちらの本を書いたホリコさんです。この本を読むまでは、資産運用には全く興味がなかった(めんどくさくて)のですが、リスクを取らないリスクについて理解すると、自分の考えが間違っていたことに気づかされました。

私はフリーランスで厳密では「定期収入」ではないのでスポット購入をしていますが、できることなら積み立てにしたほうがいいとおもいます。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/learn/seminar/online20190611.html

長期FXをする

私は最初FXといえばチャートをみつめながら比較的短期の取引をして利ザヤを狙うものだとおもっていたのですが、長期運用のやり方もあるようです。気になる人はFXのスワップについて書いている記事を検索してみてください。

IDECOで退職金をつくる

私の場合、最初に務めていたメーカーの退職金をIDECOに移管するしかなかったのですが、そこからIDECOを始めました。こちらを参考にしてください。

https://dc.rakuten-sec.co.jp/feature/tax_saving/

NISAで株を始めてみる

こちらは若干ハードルが高いかもしれませんが、現在のこの世界同時株安の状況で、株は買い時なのかもしれません。特別にそこをハイライトして勧めるつもりは全くないですが、長い目で見てお金が銀行で寝ているというのは非常にもったいないことです。株をひとつ持っておくと経済状況に対するアンテナも高くなるので、それはアクティブに自己管理をしなければならないフリーランスにとって重要な視点だとおもいます。

ふるさと納税をする

私は去年、いくらとか牛肉とか餃子とかいろいろもらいましたよ!大事なのは確定申告でそれをしっかりと報告することです。ただ数字を報告するだけなのでぜんぜんめんどくさくはありません。やらなければ損だとおもいます。

確定申告でふるさと納税について申請することも忘れずに。

以上、ざっくりとリストにしましたが、今後それぞれについて詳しく記事を書きましたらリンクしていこうとおもいます。