【英検1級】二次試験感想

ENGLISH 英検1級

英検1級に一発合格できて一安心!二次試験の流れ、自分の戦略、試験の感想についてメモをしておきます!わたしも今回初めて受ける前は、当日の様子がどんなふうか知りたいとおもったので、そのような方の参考になればとおもいます。

四技能それぞれどのような準備をしたかについては、別で記事にまとめたいとおもいます。

全体時間について

名古屋で、10:15集合となっていましたが、9:30ごろに駅について、9:40ごろには会場に着いたとおもいます。待機の部屋には、すでに30名ほどの人が待っていました。事前にtwitterなどで聞いていたとおり、スマホは電源を切って首から下げる状態になりました。外界との連絡が絶たれます。いろいろと復習をしたい人は紙ベースのものを準備しましょう、とよく聞くのですが、待っている間はそわそわしているので、対策本も頭に入ってこなかったですね(笑)

待っているあいだの過ごし方

どうでもいいのですが、待っている時間が長いことと、体を場所に慣らすために、途中でお手洗いにいきました。静か~に待っているとキンチョウするので、試験官というか監督のかたたちといちいち会話していました(笑)。日本語ではありますが、「喋るモード」に身体を慣らすには、ちょっと準備運動としてよかったかなーとおもいます。

受付:

わたし「スマホの電源って普段切ることないから、どうやって切るんだっけって思っちゃいました~(笑)」

受付の人「そうですよね、基本つけっぱなしですもんね~。ごゆっくり~」

トイレいくとき:

わたし「これってスマホの袋に名前書いてないですけど、わたしってわかります?」

係の人「あ、ほんとうですね。名前、書いてないですよね。大丈夫です、覚えておきますね♪」

わたし「じゃ、これ私のなんで!よろしくおねがいします^^」

面接室に行くとき:

わたし「面接って何部屋あるんですか?」

係の人「5部屋あります~」

わたし「まだこれから待たされますか?」

係の人「10分ちょっとだとおもいますよ~」

面接

隣の面接室で順番待ちをしていた人が、部屋に入るとき May I come in? と言っていましたが、そんなこと聞く必要ないだろ、とツッコんでしまいます(笑)。それって、日本語でも言う??試験に来てて?面接官で?順番待ちしているのに?入っていいですか?って聞く?

私は、Good morning. と言って入りました。採点には1億%関係ないので、非常にどうでもいいですが、不自然ポイントだなあ、とは思います…。

面接官は、けっこう早口な人でした。リスニングも評価対象だからまあいいけど、でも面接なのだからもう少しゆっくり喋ってくれてもいいのになあ、と思いました。普通の大学の先生だとしても、ちょっと早いなという印象でした。

自己紹介

仕事はこうです。趣味はこれです。と自己紹介をしました。トランペットをやると言ったので、トランペットで好きなプレイヤーは?と質問された…。なぜか仕事についての質問がくるだろうと思い込んでいたので、若干うろたえました(笑)

面接官は、ネイティブの男性と、日本人の女性。ネイティブの人、けっこう早口でした。リスニング力も求められているのだろうけど、面接なんだからもうちょっとゆっくり話してくれてもよかったのにね。あと、マスクで話すと聞いていましたが、面接官の人たちはマスクしていませんでした。よかった、と思った。私は、マスクしたまま話してました。

カード選択

カードで3番めを読もうと決めていました。3番めが、「消費者は安い商品を求めすぎる態度を改めるべきか?」みたいな感じの内容だったとおもいます。奇跡的に、これでいこう!と思えたので、それ以外は読みませんでした。

スピーチ

もちろん、安いものを求めすぎる態度は改めるべきだとおもう。理由は2つあります。

  • 安いものは、すべてではないが品質が伴っていないものがあるため、結局はトータルのコストが高いことがあるのでよくない。例えば、うちの親は100均にいくのが好きだけど、品質がよくなくて結局いろいろな商品を試しに買ってしまうことがある。結果的に、ごみがふえる。
  • 安いものは、製造工程がサステナブルではないことがあるので、環境によくない。たとえば、私は以前メーカーで働いていたけど、CO2排出量を減らすような製造工程を準備するのは、コストがかかるんです。最近はSDGsの重要性が叫ばれているので、しっかりと環境にやさしい方法で製造しているメーカーを選ぶことが大切。

このような理由で、消費者は安いものを買いたがる態度を改めるべきだと思う。

Q&A

3問ほど聞かれましたが、うち2問しか覚えていません…。

1.(忘れた)

2. そのような方向性に向かうために企業はどうすればいいか?

3.先ほど、エコな製造工程にコストがかかると言いましたが、もう少し詳しく説明してくれませんか?

たしか、最初の質問がちゃんと頭に入ってこず、もう一回言って?と聞きなおしました(笑)。一回聞いて、何を聞かれているんだろうと思ったら、想像で答えるよりは、could you repeat your question?と言っちゃっていいとおもいます。

気を付けていたこと

・導入を極力短くする。私はぐだっとする傾向があるので、必ず2分で終わらせるには、イントロに時間をかけていられなかった。I think we definitely rethink our attitude. There are two reasons to support my view. 冒頭は10秒以内に終わります(笑)。Native Campではこれを徹底的に練習していました。

・理由は2つあります。と絶対に言う。聞いているほうもメモをとりながら聴いているので、3ついうつもりなのか2ついうつもりなのか把握できると聞きやすいし、2つあると言っておけば、最悪1つしか説明できなかったときに、後から質問してくれるかもしれません。

・For example, for instanceと言って具体例を必ず挙げる。できるだけ、頭に絵が浮かぶような具体的な話。そして、その情報はどこから得たのかという説明を加える。テレビで見たのか、雑誌で読んだのか、人から聞いたのか、個人の体験なのか。

あとは、普通の会話のように流れていけば・・・と思っていました。

最後に

中学生以来の英検でしたが、受験してよかったです。正直、翻訳者にとって必要な内容かというと、そうではありません。最初は、履歴書に書くことを増やそう、最近試験を受けてないし、くらいの軽い気持ちでした。実際に英検1級を受けて、最近さぼっていた難しい記事も読む時間が増えたし、シャドーイングする時間も増えたし、SDGsや死刑制度、環境問題などなど、日本語でディベートするのも困難な話題について、自分の意見を考えてみるという機会を得たのが、よかったポイントです。

次は、技術英検のプロフェッショナルを受験しようとおもいます!