英検1級の一次試験合格までにしたこと。もっと早く知りたかったこと。

ENGLISH 推薦したい本

今回、初めて英検1級を受験して、一次試験受かりました!!!!

この記事を読むと、①英検1級の一次試験に合格するまでに約4か月でやったこと、②受けてから、「受ける前に知っておきたかった!」と思ったことがわかります。

英検1級を受けようと思いたったのは2020年の初めだったか。英語の先生である友達に、「xxxの試験官やらない?」と言われて、やるやる!と二つ返事をしたのだけど、「英検1級もってないとできなかった・・・」と言われたのだった。英検なんて、中学生以来受けてないよ。TOEICを受けてからもたぶん10年くらい経っている。というわけで、そろそろ何かスコアになるものをとろう、というのがきっかけでした。

1. 単語は1冊すべておぼえよう

1冊、めぼしい単語本を買います。できれば3周くらいして全部覚えることが望ましいですが、かなわなければ2周、少なくともすべての単語をチェックしましょう。英検一週間前までの残日数を数え、ページ数をその日数で割り、一日のノルマを出します。

まずはCDを活用することを超おすすめします。私は、なぜこれを最初からやらなかったんだろうと非常に後悔しました。音で聴いて覚えると、目で見たり読んだりするだけよりも、記憶に定着しやすいです。単語本についているCDをバカにせず、ちゃんと活用しましょう。

Youtubeを活用すること!単語本を買っても、そのあとで「あれもいいかも。。。あの人が使ってるあれ。。。レビューで見たあれ。。。」と目移りしちゃうことってないですか?私はあります。でも、2冊とか持っていても意味がないとおもいます(満点取りたいという目標なら別ですが)。Youtubeで「英検1級」で検索すると、読み上げてくれているチャンネルなどが見つかります。そういうのを活用しましょう!

覚えにくい単語は文脈で覚えましょう。「Yarn」っていうサイトがかなり面白かった!これで検索すると、覚えにくい単語や、ニュアンスがわかりづらい単語が一発で記憶に残りますよ。だまされたとおもって、やってみてください。

個人的なおすすめは鉛筆を使うこと。本番はマークシートなので、シャーペンより鉛筆が向いてます。受験形式がPCにならないかぎり、鉛筆を使うことになるので、普段から鉛筆に慣れておくことをおすすめしたいです。

ちなみに、私が使っていた単語本はこちらです。


2. 朝の散歩はシャドーイング

私は朝食後に2kmほどウォーキングをするのですが、そのときはラジオを聴きながらシャドーイングしていました。発音もよくなるし、単語本で学んだ単語がキャッチできたら「お!」と思うし、一石二鳥です。

https://www.npr.org/

3. マイ模試は三段階で

自分で模試をやりましょう。私は、一か月前、二週間前、一週間前と三回やりました。できれば当日と同じ時間からがよいとおもいます。今回でいうと、14時からですね。わたしはこれを間違えて、13時半にテストが開始だと思っていたので、完全に30分ずれてしまって焦りました。「着席時間」から30~40分は説明が入るつもりでいましょう。

4. できるだけ当日を再現する

ライティングは絶対に書き終えることが大事ですので、わたしは最初にやってしまうことをおすすめしています。私の時間配分はこんな感じです。これは読む速さによっても違うのでご注意ください。自分の模試では、腕時計を見ながら、針がどこまでいくかを目安にしてタイミングをはかりましょう。

14:00~14:35 ライティング

14:35~14:45 語彙

14:45~15:05 リーディング前半

15:05~15:30 リーディング長文

15:40~ リスニング

今回は特殊事情ですが、マスクが義務でしたね。普段うちでやっているときはマスクをしないとおもいますが、マスクをしながら試験をするというのはわりと負荷がかかるとおもうので、一度予行練習してみてくださいね。

5. 当日気を付けたいこと

会場に行く時間

「開場」時間に着くようにしましょう。わたしは、チェックインしてから会場の雰囲気に慣れたかったので、開場ぴったりに行ったのですが、それでも人だかりでした…(名古屋の場合)。それからおにぎりを食べたかったのですが、部屋の外にも飲食スペースはありませんでした。ビル地下のファミマのイートインで食べました。ランチを家で食べてきてしまうと早すぎる、という方は、イートインのあるコンビニなどをチェックしておくとよいとおもいます。

快適な環境で受けること

会場が寒いだろうと思ったら、暑かったです。ちゃんと脱ぎ着できる服装が良いですね…。

座る位置はリスニングを考慮する

間違って一番後ろの席に座ってしまいました。よくよく見てみると、前の机にコンポが…。リスニングは一番前に座ったほうが有利でしたね。

オーバーアクションの人の隣に座らない

隣の人が、けっこうアクションが大きい方で、カリカリ、ドンドン、ガサガサと集中力を若干そがれました。リスニング中も、聞いてる間にいろいろと線を引いたりするし、その兆候はテストが始まる前にわかっていたのに、と思うと悔やまれます。一番ではなくて中間くらいに部屋に入って、静かそうな人の隣にすればよかったです(笑)。

6. かなり大事な副産物!

これはけっこう大事なことですが、今回英検を受けようと思いたってから、朝と夜のワークアウトをずっと継続できています~!体の筋肉も、脳味噌も、毎日ちょっとずつのトレーニングが必要です。そういう部分で親和性があるのだとおもいます。英語のトレーニングを続けることで、体のトレーニングも習慣になって、とっても健康的な毎日を過ごしております^^