【コスト削減】健康保険料を下げるには

LIFE 在宅勤務 節約 翻訳 資産形成と運用

個人事業主は、保険料を自分で支払う必要がありますね。先日Twitterにて大阪文化芸能国民健康保険組合について教えていただきました。加入できる職業と地域に規定がありますが、私が住んでいる市の翻訳者は該当するようです。所得によっては、これでかなりのコスト削減につながりますので、メモしておきます。ウェブサイトに、保険料のシミュレーションの情報がありますので、こちらを確認のうえのご検討をおすすめします。

こちらの記事を読むと、大阪文化芸能国民健康保険組合に入る流れを理解できます。ちなみに、4月22日にこれについて情報を得て、5月16日には支払いを行い、5月末から加入することができました。さささっと動いてこのくらいです。国民健康保険料は固定費なので、さっさと動いて、さっさと削減してしまいましょう!!

ちなみにご紹介いただいたのはこちらの松丸さんのブログです。こちらのほうが詳しくレポートされていますし、大阪文化芸能国民健康保険組合以外にも文芸美術国民健康保険についての解説もされていますので、ぜひ参照してみてください。

0. 加入するメリット

現在の保険料と比較して、保険料が下がる場合は加入をおすすめします。毎月支払うものですので、数千円のコストカットでもかなり意味があると思います。塵も積もれば山となる。

その他にも、下記のようなメリットもあります(ウェブサイトより引用:2021年5月21日)。健康診断や歯科検診にも全額助成があるとは、すごいですね!!去年はもちろん自分で支払っていたので、大きな違いです。

1. 電話する

まず、こちらの保険組合に直接電話します。HPには「紹介者がいない場合は相談」とあるのですが、これは親族などの連絡先があれば問題ないとのことでした。電話口で待たされることもなく、親切に教えてくださいました。

2. 資料をそろえる

説明資料を受け取ったら、資料を準備します。私は、去年の保険料がわかる資料を持っていなかったので、役所に郵送で問い合わせて発行してもらう必要がありましたので、それに数日かかりましたね。その他は、確定申告資料など、各種証明書を準備すれば、完成です。

3. 資料を送付する

資料をすべてそろえて送付します。しっかりと確定申告していてよかった!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 大阪保険組合-768x1024.jpg

4. ゆうちょから初月分を振り込む

確定した保険料と、初月分の振り込みのお知らせが届きますので、ゆうちょから指定額を振り込みます。

5. 保険証が自宅に到着(2021年5月時点の特例です)

このご時世により、保険証を取りに行かずとも郵送で保険証を自宅に届けてくれるようになっています。このチャンスを逃さない手はありません!!私は結局月々数千円のコストカットになりますので、年単位で考えるとかなりの節約になったとおもいます。