【英語のウェブ会議】ヘッドセット必須

在宅勤務 翻訳

先日、仕事でアメリカと韓国と日本をつないだウェブ会議をやりました。最近日本ではZOOMがにわかに話題ですが、セキュリティ問題などで今ざわざわとしていますね。調べてみると、ウェブ会議ができるアプリはいろいろなものがあります。

この日はクライアントからBlueJeansというクラウドサービスを指定されて使用しましたが、これがまたすごく便利。個人利用向けではないですが、画面共有も直観的に操作できて、なんのトラブルもなく時間通りに終えることができました。なんてスマート。

https://www.vtv.co.jp/cloud/bluejeans/

この日、英語のウェブ会議がひさびさだったので、不安になってヘッドセットを用意したのですよね。そうしたら、イヤーパッドが劣化してぼろぼろで(汗)。さわったら手が真っ黒になってしまいました。で、検索したところ、「CASIO CP16に合うイヤーパッドはこれだ!」という記事があり、大変参考になりましたので、私も感謝の意味を込めて投稿します。あんまりブログの意図に合わない内容で恐縮です。

英語のウェブ会議はヘッドセットが必須

ということは主張しておこうとおもいます。なぜかというと小さな音でもしっかりと拾いたくなるから・・・。日本語でもそうなのですが、英語だといっそう小さな子音まで聞き逃さないぞ!という気合が入ります。私だけでしょうか。

こちらが新品のイヤーパッドを装着した状態。ちょっと隙間ができるかもと書いてありましたが、ぜんぜん気にならないレベルで快適に使えています。何より新しいイヤーパッドにすると耳の感触がふわふわで会議に集中できます!

なんでも小さなアイテムから改善していくと幸せになれますね!